地域資源利活用事業が始動しました!!

2013年06月26日

薩摩川内市では、平成25年度から、新たな事業として、「地域資源利活用事業」に取り組むこととしました!

地域資源利活用事業とは、地域における資源(自然・景観・伝統芸能・人材など)を生かした交流体験事業や、閉校跡地を利用した体験教室・工房等を開催し、交流促進、地区の活性化、さらにはコミュニティビジネスの創出等を目的とする事業です。

当該事業には、「地域資源活用事業」「閉校跡地利用事業」の2事業あります。

地域資源活用事業については、吉川地区コミュニティ協議会を、閉校跡地利用事業については、滄浪地区コミュニティ協議会を、それぞれ今年度のモデル地区に選定し、事業を展開していきます。

 

早速、第1回目の協議を開催し、本事業を委託している特定非営利活動法人エコ・リンク・アソシエーション、各地区の役員の方々、コミュニティ課職員の顔合わせを行うとともに、今後の事業スケジュール等について、話し合われました。

※ 第1回目協議の様子