地区コミュニティ協議会

川内地域 川内地区コミュニティ協議会

地区からのお知らせ

川内地区の概要

1 地区の歩み・概要

川内地区の概要 向田地区の渡唐口を中心に水上交通の要衝として、また 太平橋建設(明治8年)、国道開通(明治22年)や鉄道の開通(大正3年)などにより大きく発展してきました。
 街なかでは、伝統ある川内大綱引きやはんや祭り、川内川花火大会の本市三大行事イベントが開催されています。宮里地区は、西回り自動車道の完成も間近に控え、緑豊かな山地が連なり、ゆったりとした田園風景が広がっています。
 薩摩川内市の中心市街地として位置づけられる向田地区においては、概ね春田川以西において戦災復興及び流寄地区土地区画整理事業が施行されました。その後、昭和通りの整備、太平橋通りのアーケード・歩道・電線地中化の整備、また平成16年3月には公共下水道の併用開始がなされ、社会基盤整備水準が整う一方、商店街等の状況は、買い物客の校外大型店舗への流出や新幹線開通、西回り高速道等で県内の交通体系整備が進んだことで、停滞しています。
 川内地区内の人口においても、昭和61年から平成16年までの19年間に29%に近い2,200人以上が減少し、平成19年度から平成23年度4月まで、さらに451人が減少しており、川内小学校の児童数も300人を切って、1学年が2学級に届かない厳しい状況になっています。このような状況を打破するために、中心市街地活性化策をひとつひとつ実現する努力を進めてまいります。

  (1) 人口 男 2,365人・女 2,653人 合計 5,018人(以下、平成28年4月1日現在)
  (2) 世帯数 2,509世帯
  (3) 高齢化率 31.05%(65歳以上)
  (4) 関係小・中学校 ・川内小学校  ・川内中央中学校
  (5) 消防団 ・川内中央南分団、 ・宮里消防団
  (6) 薩摩川内警察署 ・川内中央交番
  (7) 面積 14.58平方キロメートル

 

・史  跡

  • 渡唐口
  • 川内小学校塾山(日暮長者伝説)
  • 田の神様

 

川内地区コミュニティ協議会連絡先

コミュニティセンター

所在地 〒895-0055 薩摩川内市西開聞町6番10号
電話番号 0996-22-0355
メールアドレス メールアドレス

 場所は、こちらです⇒地 図